転職活動の進め方チェックリスト

転職はそう何度も行うものではないため、転職したいと思っても何から始めればよいか分からないという登録販売者も多いです。

転職は思ったよりも時間がかかるもので、転職活動の進め方や流れを知って、しっかりと準備することが大切です。ここでは、登録販売者の転職活動のプロセスに沿って、効果的に進めるためのポイントをご説明します。

STEP1 転職の目的を考える

「よい求人があれば転職しよう」という漠然とした気持ちや、「とにかく辞めたい」という気持ちばかりで進めるのではなく、自分が何を目的として転職するかを冷静に考える必要があります。今までどんな仕事をしてきたか、そこから何を得たかを洗い出しながら、自分が理想とする職場はどういったところなのかを掘り下げていきましょう。

STEP2 情報収集を行う

転職の目的が見えてきたら、目指す働き方を軸にして、企業や業界の情報収集を行います。ドラッグストアから家電量販店への転職など他業種への転職の場合は、転職後にミスマッチを感じないよう、業種別の特長や働き方の違いをきちんと理解しましょう。

求人サイトやドラッグストアなどの企業ホームページで求人を検索し、気になる求人があれば仕事内容や募集条件をしっかり確認します。興味のある求人を比較検討しながら、自分に合った職場環境はどういったところなのか、見極めていきます。人材紹介会社に相談すると、求人情報では分からない詳しい情報を教えてくれるため、活用してみましょう。

STEP3 応募書類を作成する

応募したい求人がイメージできたら、履歴書や職務経歴書などの応募書類を用意します。

基本的な書き方や誤字脱字などにも気を付けた上で、読み手に分かりやすい書き方を心がけます。応募先企業のホームページも必ずチェックしますが、採用情報にある研修体制やスキルアップ方針などを見ると、どういった人材を求めているのかが分かりやすいです。応募先が求める人物像を押さえた上で、ご自身の強みや経験をアピールすると良いでしょう。

人材紹介会社を利用すると、作成した書類の添削をしてくれたり、登録販売者の転職のプロの視点でアドバイスをくれたりしますので、履歴書や職務経歴書の作成に自信がない方は、ぜひ相談してみましょう。

STEP4 面接対策を行う

登録販売者の面接では、第一印象やコミュニケーション能力などから、お客様に対して好感度の高い接客ができるかどうかをチェックされます。また、一つの求人に複数の求職者が応募していることも多いため、ライバルと差をつける必要があります。当日緊張し過ぎてしまわないよう、事前準備をしっかり行って本来の自分をアピールできるようにします。

清潔感のある見だしなみを整えるのは基本ですが、自己紹介、自己PR、職務経歴、転職理由、志望理由などを整理し、当日の流れを想定した上で、マナーや質疑応答の練習を行っておきます。最後に逆質問があることも多いので、聞きたいことについても予め考えておきましょう。

人材紹介会社では、転職のプロによる面接対策があり、客観的な視点でのあなたの印象や改善点、よく聞かれる質問や答え方のアドバイスももらえますので、活用してみましょう。

STEP5 内定・退職の準備を行う

内定が決まったら、入社条件や入社時期を必ず再確認して、入社後にトラブルとならないよう注意しましょう。

また在職中の場合は、職場の上司に退職の意思表示をします。そして引継ぎなど退職に向けた準備を進めていくことになりますが、忙しい時期や人員不足のときは退職交渉が難航することもあります。人材紹介会社からは円満退職のためのアドバイスをもらえますので、退職意思の伝え方などで悩んだ場合は相談してみましょう。

登録販売者の転職の進め方チェックリスト

STEP1 転職の目的を考える

  • なぜ転職するのかを再確認する
  • 自分が理想とする職場をイメージする

STEP2 情報収集を行う

  • 業界・企業について調べる
  • 求人を比較しながら、自分に合う職場を見極める
  • 登録販売者の採用傾向を押さえる

STEP3 応募書類を作成する

  • 履歴書を作成する
  • 職務経歴書を作成する

STEP4 面接対策を行う

  • 面接マナーや質疑応答の練習を行う
  • 経験だけでなく、接客スキルが見られることも意識する
  • よく聞かれる質問に対して回答を考えておく

STEP5 内定・退職の準備を行う

  • 入社条件や入社時期を再確認する
  • 退職意思を伝えて退職時期を交渉する
  • 業務の引継ぎを行う